美白ケアを目的としたオールインワンゲル選びのポイント

オールインワンゲルは価格はそれほど高くありませんが、美容に良い成分が凝縮されており、スキンケアが簡単なので人気があります。

配合されている成分によって得られる美容効果は違いますが、美白を目的とするならばターンオーバーを正常化させる成分が入っていなければなりません。

シミやくすみは、メラニン色素が増えることで目立つようになります。正常な肌では、28日周期でメラニン色素を含んだ古い角質が剥がれ落ちるため、新しい角質が露出して透明感のある美しい肌に生まれ変わります。

しかし、肌のターンオーバーは加齢によってサイクルが遅くなります。すると古い角質とメラニンが残って美白から程通い肌になってしまいます。

反対にターンオーバーが早くなると、未熟な角質が露出するため皮がむけるなどの肌トラブルにつながります。よってオールインワンゲルを選ぶ時は、ターンオーバーを正常化できる成分を配合しているかを確認すれば美白になります。

ターンオーバーを促進する代表的な成分

代表的なのはビタミンC誘導体です。ビタミンCはターンオーバーを正常化させるだけでなく、紫外線による活性酸素の影響も抑制するため、シミができにくくなります。

美白には重要な成分ですが、ビタミンCとしては肌に吸収されにくいです。そこで浸透率を高めたビタミンC誘導体を配合しています。

ビタミンAはレチノイン酸と表記されることがあり、皮膚を修復する作用があります。シミだけでなくたるみや小じわ予防としても効果的な成分です。

プラセンタは、胎児が必要とするアミノ酸やビタミン、脂質、ミネラル、酵素などを豊富に含んでおり、美肌にも効果があります。

大手メーカーが行った研究では、マウスにプラセンタエキスが入った試験食を与えたところ、与えられなかったマウスと比べて紫外線による水分の低下を抑えることができました。

また、成人女性がプラセンタによってシミやソバカスを引き起こす色素沈着が抑制されたという結果もあります。

このようにプラセンタはアミノ酸や成長因子によって肌を活性化し、抗酸化作用により紫外線から受けたダメージを修復する効果があるとされます。

プラセンタは原料によって様々な種類があります。大豆やアロエなどの胚や魚の卵巣膜からしゅう出したプラセンタエキスには、成長因子が含まれていません。

成長因子が含まれるのは馬や豚、羊などの動物由来のプラセンタエキスです。サラブレッド馬プラセンタエキスは、血統がしっかりしているため安全性が高いので、オールインワンゲルでもおすすめです。

豚を使っている場合は特定の寄生虫や病気を持っていないSPF豚から抽出しているものが良いです。さらに、早すぎるターンオーバーを整えるために、セラミドも含んでいることがポイントです。

セラミドは肌のバリア機能を守っている成分で、周期が遅い場合にも正常化させる作用があります。特に敏感肌で痒みがあり肌に炎症が起こっている人は、セラミドで肌細胞を保護する必要があります。