オールインワンゲルは一般の化粧品と比べてこんなにメリットがある!

ここ数年においては、テレビ通販番組などでオールインワンゲルの化粧品が積極的に芸能人などによってインパクトのある紹介をされるようになっています。

その結果として商品の知名度が上がってきており、中高年の女性を中心にして製品を使う人が増える傾向が出ています。

オールインワンゲルは、化粧水と美容液と保湿ローションなどの機能が一つの製品に含まれるという特徴があります。

そのため、化粧品としては一つだけの製品を顔に付けるだけでベースとなる下地を作ることができ、肌の美容対策も同時にできるというメリットが生まれています。

ですので、この製品を使えば忙しい人でも化粧時間を大幅に短縮することが可能となってきます。

また、オールインワンゲルは化粧水や美容液、保湿ローションなどを個別に購入するよりも安くつくメリットも生まれています。

女性は毎日使う化粧品のトータルの価格が抑えられるのは、生活費の削減に繋がり、非常に有り難いところです。

また、オールインワンゲルは一つの製品を使用をすることで、アンチエイジング効果を得ることができるメリットが生まれています。

一般の化粧品にもアンチエンジング効果のある商品は販売されていますが、高価なものが多かったり、他の化粧品と同時に使えないケースが出てきます。

しかし、オールインワンゲルではリーズナブルな価格となっていて、一つの製品を付けるだけでアンチエンジグが可能になってきます。

なお、アンチエンジグ成分としては、コラーゲンが配合されているものが多いです。コラーゲンは肌のプルプル成分となっていますが、年齢とともに肌のコラーゲンは減少していくことになります。

その結果として、肌にハリがなくなったり、シワやたるみの原因となってきます。

しかし、ゲルとして肌にコラーゲンを塗っていくことで、肌にツヤやハリを取り戻すことが可能となります。

最近のオールインワンゲルの製品では、複数のコラーゲンを配合して、さらにアンチエンジング効果を高めたものが発売されるようになっています。

コラーゲンは高分子のタイプと低分子のタイプが存在していますが、その両方を配合することで肌への吸収率を高めることにメーカでは成功をしています。

この複数のコラーゲン成分が配合された商品はメディアでも話題となり、中高年の女性では定期購入をする人も増えてきています。

さらに近年ではオールインワンタイプが販売増加傾向となっていることから、各化粧品メーカーで開発競争が起こるようになっています。その結果、海洋成分が含まれた商品や、最新の美容成分が配合されたものなどが発売されています。

なお、商品が購入できる場所としては、テレビ通販会社のほかにドラッグストアや大型の総合スーパーでも買うことができますが、ネット通販限定の商品もかなりありますので、初めて購入する際はネット経由の方が多くの商品の中から選べるので、上手に活用してみてください。

今後も日本では高齢化社会が進むために、アンチエイジングのできるオールインワンの商品は研究開発が強化されて、今までよりも効果的な商品が発売される可能性があると考えます。

アトピー肌でも大丈夫!無添加のオールインワンゲルのメリット

アトピー肌で悩む人は、保湿をしっかりしなければなりませんが、あれもこれもとスキンケアをしてしまうとかえって肌に負担がかかることがあります。

そのため、シンプルで毎日きちんと続けることが重要ですが、成分にも注意しなければなりませんので、商品選びは慎重に行いましょう。

アトピーの人でも安心して使うことができるタイプとしては、無添加のオールインワンゲルがおすすめです。

アトピーの人の場合、スキンケアのためであっても何度も肌に触れることは刺激になり、肌にダメージを与えてしまう行為です。

その点、弾力のあるゲルタイプは指が肌に直接触れることがほとんどありませんので、やさしく肌に必要な成分を送り込むことができます。

オールインワンタイプであれば、一度塗るだけで済むという点も大きいメリットです。また、ゲルはローションやミルクのように流動的ではないため、保湿効果が非常に高いという特徴があります。

乾燥しがちなアトピー肌の人でも、長時間潤いを保つことができますので、かゆみや乾燥、赤みなどの症状の悪化を防ぐことができます。

合成添加物や化合物には注意しましょう

ただ、いずれの化粧品でもいえることですが、合成添加物や化合物などが含まれているものは、その成分自体が肌にダメージを与えるので避けなければなりません。

無添加のものであれば、たっぷり配合されている保湿成分が負担をかけずに浸透していきますので、すべすべの潤った肌を維持することができます。

また、オールインワンゲルの中には単に添加物などを入れていないだけでなく、肌の炎症を抑えたり、ターンオーバーを正常に整えることができる成分を配合しているものがありますので、こちらを利用することでダメージを受けた肌を短期間で修復できます。

アトピーの場合は、特に些細な刺激で肌がかぶれてしまい、それが痒みを伴うために自分で掻き毟って悪化させてしまいがちです。

肌を健康に整える成分が入っているものを使えば、炎症を素早く抑えて傷ついた肌を修復させて保護しますので、刺激による痒みや痛みを抑えることにもつながります。

また、アトピーが悪化すると痒みで夜に眠れなくなることがありますが、入浴後にオールインワンゲルでしっかり保湿することで、眠っている間も潤いを保つことができ、質の良い睡眠をとることができます。

このように、成分やテクスチャーの面からもおすすめのゲルタイプのスキンケアですが、それに加えて手入れが簡単なことも大きなメリットです。

肌の刺激を減らすだけでなく、毎日のスキンケアが負担になりませんので、きちんと継続することができます。

実は、肌を健康に保つためにはスキンケアを長期的に続けることが最も重要ですが、アトピーの人は刺激が気になったり薬を使うことで手間がかかるため、スキンケアがおろそかになりがちです。

オールインワンゲルで簡単なケアを続けることで、その手間がほとんどなくなりますので、肌を健康に導くことにもつながります。

美白ケアを目的としたオールインワンゲル選びのポイント

オールインワンゲルは価格はそれほど高くありませんが、美容に良い成分が凝縮されており、スキンケアが簡単なので人気があります。

配合されている成分によって得られる美容効果は違いますが、美白を目的とするならばターンオーバーを正常化させる成分が入っていなければなりません。

シミやくすみは、メラニン色素が増えることで目立つようになります。正常な肌では、28日周期でメラニン色素を含んだ古い角質が剥がれ落ちるため、新しい角質が露出して透明感のある美しい肌に生まれ変わります。

しかし、肌のターンオーバーは加齢によってサイクルが遅くなります。すると古い角質とメラニンが残って美白から程通い肌になってしまいます。

反対にターンオーバーが早くなると、未熟な角質が露出するため皮がむけるなどの肌トラブルにつながります。よってオールインワンゲルを選ぶ時は、ターンオーバーを正常化できる成分を配合しているかを確認すれば美白になります。

ターンオーバーを促進する代表的な成分

代表的なのはビタミンC誘導体です。ビタミンCはターンオーバーを正常化させるだけでなく、紫外線による活性酸素の影響も抑制するため、シミができにくくなります。

美白には重要な成分ですが、ビタミンCとしては肌に吸収されにくいです。そこで浸透率を高めたビタミンC誘導体を配合しています。

ビタミンAはレチノイン酸と表記されることがあり、皮膚を修復する作用があります。シミだけでなくたるみや小じわ予防としても効果的な成分です。

プラセンタは、胎児が必要とするアミノ酸やビタミン、脂質、ミネラル、酵素などを豊富に含んでおり、美肌にも効果があります。

大手メーカーが行った研究では、マウスにプラセンタエキスが入った試験食を与えたところ、与えられなかったマウスと比べて紫外線による水分の低下を抑えることができました。

また、成人女性がプラセンタによってシミやソバカスを引き起こす色素沈着が抑制されたという結果もあります。

このようにプラセンタはアミノ酸や成長因子によって肌を活性化し、抗酸化作用により紫外線から受けたダメージを修復する効果があるとされます。

プラセンタは原料によって様々な種類があります。大豆やアロエなどの胚や魚の卵巣膜からしゅう出したプラセンタエキスには、成長因子が含まれていません。

成長因子が含まれるのは馬や豚、羊などの動物由来のプラセンタエキスです。サラブレッド馬プラセンタエキスは、血統がしっかりしているため安全性が高いので、オールインワンゲルでもおすすめです。

豚を使っている場合は特定の寄生虫や病気を持っていないSPF豚から抽出しているものが良いです。さらに、早すぎるターンオーバーを整えるために、セラミドも含んでいることがポイントです。

セラミドは肌のバリア機能を守っている成分で、周期が遅い場合にも正常化させる作用があります。特に敏感肌で痒みがあり肌に炎症が起こっている人は、セラミドで肌細胞を保護する必要があります。