保湿を目的としたオールインワンゲル選びのポイント

保湿ケアを目的としたオールインワンゲル

化粧水や乳液のみならず、保湿クリームや化粧下地などの保湿化粧品の役目まで1本で果たしてくれることで大人気になったオールインワンゲルですが、何を基準に選んだらいいのでしょうか。

いろんな美容成分を各商品アピールしていて迷ってしまいますが、実はその中で一番大切なのは保湿成分なんです。

美肌になるために、保湿力が高いオールインワンゲルを選ぶポイントを見てみましょう。

オールインワンゲルを保湿力で選ぶ理由

オールインワンゲルは1本で様々な機能が果たせますが、その分デメリットもあることを忘れてはいけません。

化粧水・美容液・乳液や保湿クリームをそれぞれ3回顔に乗せるのと、1回オールインワンゲルを肌に伸ばすのでは塗る事ができる美容成分の量が違います。

美容成分を取り込むという点では、オールインワンゲルはちょっと不利なんですね。

つまり保湿力の低いオールインワンゲルでお手入れしてしまうと、肌が乾燥してむしろ肌荒れやシワなどの原因にもなりかねないんです。

オールインワンゲルを選ぶなら、少量でも高い保湿力を発揮するものを選ぶのが正解なんですね。

しっかり保湿・保水された肌は毛穴が目立ちにくく、何より肌荒れやニキビが起こりにくい健康な状態です。

ぜひこの潤った肌を作り上げ、その状態をキープするようにしたいですね。そのためにもしっかり保湿してくれるオールインワンゲルを選びましょう。

でも具体的に保湿効果が高い成分とは何なのでしょうか。

保湿成分の中ではセラミドがオススメ

オールインワンゲル選びで大切なのは保湿力という話をしましたが、具体的にはヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタ・セラミドなどの保湿成分が配合されているものを選ぶといいでしょう。

中でも一番オススメの成分はセラミドです。セラミドは人間の角質層(一番肌の外側の層ですね)にもともと存在していて、水分を抱え込む役目を担っています。

化粧品でセラミドを補給してあげることで、肌(角質層)がもっと潤うんですね。

セラミドなどのほか、保湿成分は市販のオールインワンゲルに配合されています。どの商品にどんな成分が配合されているのか見てみましょう。

市販のオールインワンゲルに含まれる保湿成分

市販品で有名なオールインワンゲルで言えば、ドクターシーラボはコラーゲンで保湿しており、肌ラボの美白パーフェクトゲル・ちふれのうるおいジェルはヒアルロン酸が配合されています。

こうして見ると、なかなかドラッグストアでセラミド入りオールインワンゲルは見つけにくいようですね。

しかしネット通販まで視野を広げれば、メディプラスのメディプラスゲルなどセラミドを含んだオールインワンゲルが発見できます。

ネット通販の経験が少なかったりするとちょっと面倒かも知れませんが、ドラッグストア以外の場所でオールインワンゲルを探してみるのもひとつの方法ですね。

まとめ:1本で済むからこそ保湿力が高いものを選ぼう

化粧水・乳液・保湿クリームなどをバラバラに買わなくてもいい分、オールインワンゲルはお金が節約でます。

美容成分を一度にたくさん塗る事ができないというオールインワンゲルの欠点がありますが、その浮いたお金でより保湿効果の高い商品を買えば問題ありません。

セラミド配合など、少量でもしっかり保湿できるオールインワンゲルを選んで潤いのある美肌を目指しましょう。